重なり合うモデルを自然な配置に直せる「MSPhysics」の使い方

重なり合うモデルを自然な配置に直せる「MSPhysics」の使い方

こんにちは、DVERSE Inc.のkomiです。
今回連載を始めた「Komi-Journal」では、余り馴染みのないSketchUpの使い方を紹介していきたいと思います。

MSPhysicsを使ったモデリング

昨年12月にクリスマスツリー用オーナメントを収納したカプセルのモデルを作成しました。
その時にMSPhysicsを使ってモデリングをしたので、その方法をご紹介します。

MSPhysicsはSketchup内で物理シミュレーションが行えるPlugin。
わかりやすいアイコンから直観的に物理シミュレーションを作成できて、
特定のレンダラーとも連携しているので、プロモーション用動画なども作れます。

以下の動画は以前作成した自動車の走行動画で、
こういった自然な動きのアニメーションを作成することができるようになります。

では本題のモデリングへと移りましょう。

クリスマスツリー用オーナメントを収納したカプセルのモデルを作りたい。
けど、【移動】ツールを使うとモデル同士に重なりが生まれてしまって、綺麗にオーナメントを収納している様に見せるのが難しい。

こういった時は、MSPhysicsを使い実際の動きをシミュレートさせて、モデルの位置を決めれば、自然なモデルを作成することができます。

オーナメントが収納できる大きさの円を【円】ツールで作成。【プッシュプル】ツールで適当な長さまで円を押し出しグループ化。短い円柱をつくる。

先ほど作った円柱を選択。「【移動】ツール + Ctrl」で円柱の上にさらに円柱をコピーする。コピーした円柱を【尺度】ツールで引き延ばす。

コピーした円柱のグループ内に入り、円柱上部の円の内側に【オフセット】ツールでもう一つ円を作る。

オフセットで作成した円を【プッシュプル】ツールで底部まで押し下げ円筒を作る。

【ペイント】ツールで塗装したら準備は完成。ここからはPluginを使った作業になります。

それでは、ExtensionWarehouseから以下のPluginをインストールしましょう。

MSPhysics」「AMS Library

MSPhysics」は物理シミュレーション本体、「AMS Library」はそれを支えるライブラリです。

インストールできたら円柱と円筒を範囲選択し右クリック。コンテキストメニューに追加された「MSPhysics>Shape>Static Mesh」にチェックを入れる。

このチェックを入れておくと、シミュレーション中にモデルが固定され動かなくなります。

円筒内部にオーナメントを適当な数コピー。MSPhysicsアイコンのToggle Playボタンを押す。

オーナメントの落下シミュレーションが始まる。

シミュレーション中はマウスを使いモデルを掴むことができるのでオーナメントの位置を調整。うまくいかない時はMSPhysicsアイコンのResetボタンでやり直し。

調整が完了したらMSPhysicsアイコンのStopボタンを押し、モデル位置を確定する。

これで「MSPhysics」を使った作業は終了。

円筒の内側面がオーナメントと接触し変色しているのが気になるので削除、蓋を取り付ければカプセルの完成です。

「MSPhysics」を使うと動きのある3Dモデルを簡単に作成することができますよ。
モデル同士が干渉するような複雑なデータを作る時に利用できるので、ぜひ挑戦してみてください。

DVERSE Inc.でSketchUpの技術的サポートをしています。

ブログでは余り馴染みのないSketchUpの使い方や、 建築建設イベントのレポートなどを載せる予定です。お楽しみに。

I’m providing technical support on SketchUp for DVERSE Inc. and going to update various information such as un-familiar SketchUp usage, event reports on architecture/construction, etc. We hope you’ll be looking forward to it.