【Komi-Journal #02】【線】ツール・ガイドラインの裏技

【Komi-Journal #02】【線】ツール・ガイドラインの裏技

こんにちは、DVERSE Inc.のkomiです。
連載「Komi-Journal」では、余り馴染みのないSketchUpの使い方を紹介しています。
今回は「【線】ツール・ガイドラインの裏技」をご紹介します。

【線】ツール・ガイドラインの裏技

【線】ツール
【線】ツールは基本ツールの一つ。効率的に操作できれば描画スピードをアップできます。
操作方法は他の基本ツールと同じく「ウィンドウ>環境設定>描画>クリックスタイル」で変更することができます。クリックスタイルを理解していればある程度のスピードアップが可能です。

img2-1

以下は各クリックスタイルの特徴です。

「クリック-ドラッグ-離す」
文字通り、クリック&ドラッグ後に線を引く事ができるスタイル。クリックしただけでは線を引く事ができないので注意。連続線を描くことができません。このように細かい断線を多数引くのに適しています。

「クリック-移動-クリック」
クリックで始点、再クリックで終点を決定し線を引くことができるスタイルです。クリック&ドラッグで終点待機状態になります。「線描画を続ける」チェックボックスを選択することで連続線を引くことができます。
「線描画を続ける」選択時にツールを終了したいときは、escを押す・描画した線の始点をクリック・線を連結し面を作成することで可能です。

「自動検出」
デフォルト設定されているクリックスタイルです。「クリック-ドラッグ-離す」・「クリック-移動-クリック」両方の操作で線を描くことができます。
「線描画を続ける」チェックボックスを選択していれば連続線を描くことも可能だし、ツールを終了したいときはesc・始点をクリック・面を作成のほか、「クリック-ドラッグ-離す」でも可能です。こんな感じです。

自動検出は「クリック-ドラッグ-離す」で描画を終えることができます。つまりescや始点への後戻り・面を作成しなくてもマウスのみで【線】ツールの操作を終えることができます。

「短いガイドラインの作画」
「ConstructionLine」とも呼ばれる点線「ガイドライン」はメジャーツールで作成できます。通常は無限の長さの点線が描かれますが、短い線を自由に描きたいことがありますよね?

img2-2

Rubyコンソールを使えばワークスペース上に点線を描くことは可能です。
model = Sketchup.active_model
ent = model.entities
ent.add_cline([0,0,0],[1.m,1.m,0])

しかしできれば【線】ツールのようにマウスを使い描きたいですよね。
そんなときは、SketchupからPlugin開発用のサンプルコードがExtensionWarehouseで公開されているのでインストールしましょう。

img2-3

RubyコンソールでSketchup::Examples::linetoolと入力すると、直線のみだが短いガイドラインを【線】ツールと同じように描画することが可能になります。

DVERSE Inc.でSketchUpの技術的サポートをしています。

ブログでは余り馴染みのないSketchUpの使い方や、 建築建設イベントのレポートなどを載せる予定です。お楽しみに。

I’m providing technical support on SketchUp for DVERSE Inc. and going to update various information such as un-familiar SketchUp usage, event reports on architecture/construction, etc. We hope you’ll be looking forward to it.