Model of the day! #01

Model of the day! #01

  • English (United States)
  • 日本語

こんにちは! DVERSE Inc. の Pepe です!


「Model of the Day」 では SYMMETRY alpha の 3D Warehouse 対応機能を使い、3D Warehouse にアップロードされている様々なモデルを、各テーマに沿ってご紹介します。SYMMETRY alpha にモデルをインポートし、 実物と同じ 1/1 のスケールで確認していきます!

今回は「教育」という観点から紹介していければと思います。

まずはこちらのモデルを見てみましょう。

User name:Gabri G. ゴシック建築skp.データ

Gabri G. | 3D Warehouse

こちらは建築を学ぶ学生さんが、SYMMETRYをデモ体験した際に、3D Warehouseから実際にダウンロードされたゴシック建築のモデルです。

では、SYMMETRY にインポートして中の様子を見てみましょう。

ゴシック建築特有の尖頭アーチなど特徴がよく見て取れるモデルですね。

(※ゴシック建築は12世紀から15世紀末頃の時代、パリを中心とするフランスを発端に、ヨーロッパ各地に影響を与えた建築様式のことです。)

自分自身で作ったモデルのデザイン確認以外にも SYMMETRY は活用いただけます。例えば、実際に見ることが難しい建築物などは、モデルさえあればSYMMETRYにインポートし、実物のスケールで見ることができます。同じように、歴史的建築物や文化遺産等も VR ですぐに見ることができるので、教育現場での活用も考えらえます。

次はこちらのモデルをSYMMETRYにインポートしてVR空間でみてみましょう。

User name: ayihcust   五重塔skp.データ

https://3dwarehouse.sketchup.com/model/80ec4104f3b1d1ca550685e23cbd80f8/高野山-室生寺-五重塔

ちなみに五重塔は、仏塔の形式の一つで、層塔と呼ばれる楼閣形式の仏塔のうち、五重の屋根を持つものを指すそうです。各パーツがそれぞれの世界を示しており、下から地(基礎)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)5つの世界(五大思想)を示し、仏教的な宇宙観を表しているそうです!知っていました?

それではモデルを見てみましょう!

軒を支えるための複雑な木組みまでしっかり再現されていますね。こういった歴史的建築物のモデルは、年々減少している建築職人の教材として活用いただけるかもしれません。

教育というと学生さんをイメージしますが、
次はこちらのモデルを見てみましょう。

User name:o.uetani1   仮設足場skp.データ

https://3dwarehouse.sketchup.com/model/ae4bcc8d-efab-4943-bd0f-dedefe69517a/下りA1足場

こちらは工事現場で組み立てられている足場のデータです。

こういったモデルは建築の現場で教材としても使えるため、今回の「教育」というテーマに沿って取り上げてみました。

モデルのような建築現場では労働安全衛生規則というものがあり、現場監督はそれを把握した上で現場の安全管理に努めなくてはいけません。例えば、足場には決められたある一定の高さに2段手摺をつけることが義務付けているなどの規則があります。それらの基準を満たして設計することはもちろんですし、他には現場の安全巡回中にもし何かしらの理由で安全装備が外されていた場合には即座に是正する必要があります。

そのため建築会社では安全講習というものが開かれ、現場監督の教育を行います。

ただし多くの会社では座学や現場見学がメインとなっているため、講習を受けても実際の現場で働く際に是正ポイントに気づきにくいという問題があります。

これの解決策としてVRを使った建築現場の安全巡回シュミレーションが挙げられます。

それではVR空間に入って実際に安全巡回シュミレーションを行ってみましょう。

まとめ

今回は「教育」というテーマに沿ってモデルをご紹介しました。教育× VR のイメージをご想像いただけましたでしょうか?

今後、活用事例等をSYMMETRY製品サイトでもご紹介していきたいと思います!

それではまた!

こんにちは、DVERSE Inc.のPepeです!日本人です。

SYMMETRYを使った様々な事例を紹介していきます。