【Komi-Journal #8】ツールを複合したモデリング3

【Komi-Journal #8】ツールを複合したモデリング3

  • English (United States)
  • 日本語

こんにちは、DVERSE Inc.のkomiです。

連載「Komi-Journal」では、余り馴染みのないSketchUpの使い方を紹介しています。

今回は前々回から続けている「ツールを複合したモデリング」の最終回です。

ツールを複合したモデリング 第三回

さて今回は、前回作成したモデルに起伏や森の加工を施し仕上げていきますが、まずはこちらを見て下さい。

【サンドボックス】のスムーブですが、通常ではありえない変形をしていると思います。
これはスムーブに別のPluginで作成した曲線を組み合わせたために起こった現象です。

「BezierSpline」

BezierSpline」はSketchUpで特殊な曲線を描くためのPluginです。ベジェ曲線やポリラインなどCADでお馴染みの曲線を描くことが出来ます。

「BezierSpline」を使うと、【線】ツールや【フリーハンド】ツールと違い、他のオブジェクトから影響を受けることのない連続した線を描くことが出来ます。

これを利用し、メッシュ上に「BezierSpline」で曲線を描き、スムーブで変形を加えると曲線に添った曲面を作成することが出来ます。

【サンドボックス】のスムーブでも連続した曲面は作れるがどうしても凸凹した形になってしまいますね。綺麗な畝状の山や布のたわみなどを作る時にこの方法は利用出来るようです。

ではゴルフ場の起伏を作成していきましょう。

始めにゴルフ場モデルのグループを分解します。

「texture」レイヤの可視チェックをオフにしてテクスチャーをワークスペース上から消しておきます。

「カメラメニュー>基本ビュー>平面」と、「カメラメニュー>平行投影」を選択します

下の様な画面にして曲線を描く準備をします。

前回作成した「F-Spline」レイヤを現在のレイヤにします。

「BezierSpline」を使って、起伏がある箇所に曲線を描いていきます。

そうすると下の様な状態になります。

次に【サンドボックス】のスムーブを選択します。

変形可能なエリアが黄色の点で表示されます。

この状態だと値制御バーでスムーブの半径を調整することができるので、40mに調整します。

まずは1.5m上に変形させます。

変形後も黄色の点は表示されたままなので、今度はスムーブの半径を30mに調整し、1m上に変形させます。

そうすると下の様な起伏のあるモデルが出来上がります。

グリーンなどの起伏も変形させておきます。

グリーンを均等に変形させたい場合は、渦を巻いたような曲線を使うとうまくいくようです。

「Raytracer 」

次に森のモデルを追加しましょう。

Raytracer」の「Spraycan」機能を使うと任意のグループ、もしくはコンポーネントを連続でモデル上に配置することが出来ます。

まずは「tree」レイヤを追加し現在のレイヤにします。

3D warehouseから適当な木の2Dモデルをダウンロードします。

木のモデルを選択し「Extensionsメニュー>Raytracer>Spraycan」でSpraycanを起動します。

値制御ボックスに半径を指定し

木を配置したい箇所で左クリックするだけです。

下の様なモデルが出来上がります。

最後に配置した木のモデルの高さをランダムに変更しましょう。

「JHS POWERBAR」

JHS POWERBAR」の「Random Scale」を使うと選択したモデルの高さを不揃いに変えることが出来ます。

「Trimesh」レイヤの可視チェックをオフにし、木のモデルのみの状態にして全選択します。

後は「Random Scale」をクリックするだけです。

「Trimesh」レイヤの可視チェックをオンにして完成。お疲れ様でした!

SketchUpの機能だけでも様々なモデルの作成は可能ですが、便利なウェブサイト・Plugin、ソフトウェアなどを組み合わせると各段にできることの幅が広がります。

有機的な形状や自然な景観も案外できるものなので、機会があれば挑戦して見て欲しいです。

それでは、また次回のKomi-Journalで。

DVERSE Inc.でSketchUpの技術的サポートをしています。

ブログでは余り馴染みのないSketchUpの使い方や、 建築建設イベントのレポートなどを載せる予定です。お楽しみに。

I’m providing technical support on SketchUp for DVERSE Inc. and going to update various information such as un-familiar SketchUp usage, event reports on architecture/construction, etc. We hope you’ll be looking forward to it.